サイズの見方

2015.7.3|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車というのは、数多くの部品が複雑に組み合わさって出来た物です。そのため愛着のある車でも、長く運転し続けていると、様々な部品に劣化が起きて不具合や、不便さを感じる様になります。そうしてその車を運転し続けるのは困難だと思えたら、新しい車に買い替えを行う事になるのです。
ただし一言で車と言っても、様々なメーカーが様々な車種を出しています。車に乗れる人数も2人しか乗れないスポーツカーもあれば、バンの様に大勢が乗れる車もあります。なので当然ですが、その人の用途に合った車を、しっかりと選び出す必要があるのです。もっともそういった形で車の機能面にはしっかりと目が行く人がほとんどですが、意外な落とし穴なのが、車のサイズだったりします。
散々あれこれ車種を検討して、何とか絞り込んでその車を買おうとした際に、駐車場にその車が入り切れない事実が発覚し、断念する羽目になる人は、珍しくないです。なので車のサイズは早い段階で、しっかりチェックする必要があります。そんな車のサイズの見方ですが、全長は車体の前方から後方までの全体の長さを示すサイズです。次に全幅は、ミラーを含まず車体の一番出っ張っている部分の幅の事を言います。全高は、地面から車体の一番高い部分までの高さを示すサイズです。しかも、これらの多くはカタログ等に記載されているケースがほとんどです。なので事前に自宅の駐車場のサイズを把握しておき、入り切れるかを確認しつつ、車選びを行う事をおすすめします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。